足立区の不動産売買検討者に贈るお役立ちサイト

不動産売買は業者によって満足度が全然違う?足立区で依頼するなら

不動産売買は業者によって満足度が全然違う?足立区で依頼するなら

著者紹介

著者紹介

ホクホク

足立区生まれですが育ちは別です。不動産価格上昇により注目され始めた城北地域の情報を配信していきます。宜しくお願いします。


「職住近接」という会社と自宅が近いことに価値を置く人が増えており、足立区などの下町エリアも近年は若い世代をはじめ、多くの人が不動産売買の候補地としてあげています。
足立区でマンションや戸建てを所有していて、不動産売買を検討している人はオリンピック開催を1年後に迫った今が売り時と言われており、信頼できる不動産に依頼することが鉄則となります。
ここでは、足立区の不動産売買や地域密着型の信頼できる仲介業者を見ていきましょう。

足立区は不人気というのはウソ!?

足立区は、23区東部に位置し板橋区、北区、葛飾区に隣接し、東京駅をはじめとした中心部へのアクセスが良好にもかかわらず、家賃や物価が安いのが魅力。
特に再開発によって生まれ変わった北千住駅周辺は、若いファミリー世帯でも満足できる商業施設が充実しています。
また、舎人公園や東綾瀬公園など大規模な公園があるなど子育てにも理想的な環境があり、多くの移住希望者が賃貸だけでなく不動産取引も希望中です。
現在の足立区の人口は約70万人と、ここ10年で5万人ほど増加。
さらに、人気の住宅地としては恵比寿や吉祥寺や目黒といった地域が有名ですが、リクルート住まいカンパニーの調査した「穴場と思う街ランキング2018年度」で4年連続1位を獲得しています。
大学のキャンパス誘致にも成功し、2021年には文教大学は新たにキャンパスを設置するなど、区内5つの大学に加えて若者も集まる活気あふれる街として今後も将来性が期待可能です。

新築マンション販売価格上昇中の今だから注目される中古物件

不動産売買に興味がある人なら知っていると思いますが、現在は新築マンションの販売価格が高騰しており、普通のサラリーマンでは購入が難しい物件が多いのが現状。
そんな中で人気を高めているのが中物件です。
中古物件ならお手頃価格のマンションや戸建てを購入することも可能なので、市場が拡大している傾向にあります。
中でも足立区は、他の23区に比べると不動産価格がお手頃であるため、若いファミリー世帯を中心に人気を集めています。
足立区に不動産を所有している人も、オリンピックが終われば地価は下がると言われているので、不動産売買を行うなら今が絶好の機会と言えるかもしれません。
もちろん、将来のことは誰にも分かりませんが、今なら予想以上の価格で成約が決まる可能性も大いに考えられます。

足立区で不動産売買するなら地域密着型がおすすめ

住宅を探している人はできるだけ安く、売却する人はできるだけ高く取引したいと思うは当たり前。
この場合、信頼できる仲介業者で不動産売買を依頼するのが重要となります。
なぜなら実績豊富な不動産会社はそれだけ豊富なノウハウと経験値を有しているからです。
また、足立区の地元に根差した不動産なら地域ごとの特徴も熟知しているため、移住者でも学区や幼稚園など今後生活していくために必要不可欠な情報を得ることができます。
大手で知名度ブランド抜群の不動産を選びがちですが、実は地場で長いこと経営している不動産のほうが地域の歴史や環境を熟知しているので、物件以上の情報を入手できるのです。
特に不動産をこれから購入しようとする人は、長いことその地域で生活するわけですから、後悔はしたくないですよね。
どんなに建物が魅力でも、環境が悪ければ満足度は低くなるいっぽうで最悪の場合はその物件と手放すことにもなりかねません。
いっぽう、不動産を売却する人も治安や環境並びに校区など物件に付加価値な情報をつけてくれるので、買い手がみつかりやすくなるといったメリットもあります。
つまり、足立区に根差した業者なら不動産売買の双方にとってメリットが大きいということになります。

page top